二の腕が太いと悩む人がいますが、原因を知ることで解消方法がわかります

タンクトップやキャミソールといった肌を露出する服を着たいという女性は多いですが、なかなか着られないというのが本音ではないでしょうか。

普段あまり意識をしていないせいか、肌を見せた時に二の腕が太いことに気がつく人が多く、この腕が細ければスリムに見えると感じるものですが、なぜ二の腕が太くなるのでしょうか。原因は大きく3つのタイプに分かれます。

一つは皮膚がたるんでいるタイプで、二の腕は上腕二頭筋と上腕三頭筋という筋肉でできており、たるんでいるのは上腕三頭筋で外側の筋肉になります。普段の生活ではあまり使われることがないので、脂肪が溜まりやすくたるんでしまうのです。適度な運動をしていなかったり、つまむと皮膚が伸びる人は、皮膚のたるみが原因と考えられます。

二つ目は脂肪が付いている人で、二の腕は脂肪が付きやすい所なので、一度付いてしまうとなかなか取れません。糖分の取り過ぎや高カロリーのものばかりたくさん食べていたり、全体的に肥満の人は、基礎代謝で燃やせる脂肪以上のカロリーを摂取していると、皮下脂肪として溜め込んでしまいます。

そして、三つ目はセルライトがある人です。
セルライトは脂肪と老廃物が結合してできるもので、リンパの流れが悪くなり血流が滞った状態になります。二の腕の上腕三頭筋にはこのセルライトが溜まりやすいので、放置するとどんどん蓄積されてしまいます。

冷え性だったり、代謝が悪く塩分を摂り過ぎている、表面がぼこぼこするなど心当たりのある人は、セルライトが影響していると考えられます。
二の腕が太い原因を知り、対処するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:二の腕

このページの先頭へ