二の腕がたるむ原因を理解して即効性のあるエクササイズでサイズダウン

ダイエットというと、食事制限や運動を始めるなどの方法がありますが、上腕は気が付くとたるんでいて、薄着になる季節になって慌てる人が多く見られます。
二の腕には、上腕二頭筋、上腕三頭筋と2種類の筋肉があります。
上腕二頭筋は内側の筋肉で、力こぶが出来る部分に当たります。

物を持ち上げたり引き寄せたりする時に使われる筋肉で、普段から比較的使われている筋肉です。
一方の上腕三頭筋は外側にある筋肉で、物を押し出したりするときに使われる為、日常生活ではあまり使われていません。

意識をして鍛えないと筋肉が付きにくい部位なので、自然と脂肪が多くなってしまいます。
テレビで紹介された3分間で二の腕を細くするという方法は、見た目を重視したエクササイズで、体幹を上手く使えているかどうかで体型が変わるというものです。

眠っている筋肉が沢山あるので、それを上手く利用する事で体型が改善されます。
左右の足を揃えてかかとに重心を掛けるように立ち、お尻をキュッと締めて内腿にはペンを挟んでいるような感じで絞めます。

自然とお腹に力が入り、その状態で顎を上げ、掌を上に向けて両手を後ろに持ち上げて10秒キープします。
次に、肘を曲げないで真っ直ぐに耳を挟むように手を上に上げて30秒キープ、そこから肘を後ろに倒して30秒キープするだけで不思議と二の腕が細くなっていきます。

テレビでは実際に1.7センチのサイズダウンに成功していて、即効性もあります。
理想的な二の腕のサイズは身長(cm)に0.145~0.16を掛けることで計算出来ますので、自分のサイズを知って、このエクササイズを行ってみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:二の腕

このページの先頭へ