二の腕のシェイプアップ方法

二の腕は、力コブといわれる上腕二頭筋とその裏側の上腕三頭筋で構成されています。
上腕二頭筋は普段の生活の中で利用する筋肉なので、シェイプアップしやすい筋肉なのですが、上腕三頭筋は日常生活の中ではなかなか使用することは無いため筋肉がつかず、脂肪ばかりになってしまいます。

冬のシーズンであれば二の腕が見えるような洋服を着ることはほとんどありませんが、夏などの暑い時期は半そでを着る機会が多くなり、シェイプアップが必要になります。
二の腕を鍛えるには、上腕二頭筋と上腕三頭筋をそれぞれ別々に鍛えなくてはいけません。

しかも、この2つの筋肉は相反する鍛え方となります。
上腕二頭筋は、ダンベル等を持って肘を曲げ伸ばしすることで鍛えられます。
普段の生活の中でもこのような行動が多いので、上腕二頭筋にはそれほど脂肪はつきませんが、それとは逆に、上腕三頭筋は腕を伸ばして押す行為が必要です。

そのような行動は普段の生活ではなかなかなく、鍛える方法としては、ダンベルを持って腕まっすぐ下ろした状態から、後ろへ動かします。

又、ダンベルを用いない方法ですと、椅子に座った状態から、椅子の座面を腕で支えることでトレーニングになります。
綺麗な腕となるには負荷を与えるような鍛え方ではなく、有酸素運動のように持続性のあるトレーニングが良いでしょう。

部分痩せは難しいですが、上腕部は筋肉の鍛え方がはっきりしているので、比較的容易に出来ます。
二の腕のシェイプアップ方法は、毎日の生活の中でどれだけ筋肉を動かすか、そして継続的に行うかが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:二の腕

このページの先頭へ