二の腕の部分痩せの方法と効果

ダイエットにおいて、体重を落とすようなダイエットは、肥満な人であれば比較的容易に出来ます。
しかし、体のある部分をダイエットすることは、筋肉の動きを理解して、その部分を動かす筋肉を鍛える必要があります。

特に二の腕痩せについては、力こぶの裏側にある上腕三頭筋の部分が重要です。
上腕三頭筋は、普段の生活の中で利用するような行動はほとんどありません。
上腕三頭筋を鍛えるトレーニングをすることで、二の腕を部分痩せさせることが出来ます。

電車のつり革に掴まっている腕に注目すると、上腕三頭筋の下の贅肉がのれんのように垂れ下がる人がいますが、そのような人は全くトレーニングしていないのでしょう。
上腕三頭筋を鍛えて贅肉を減らすトレーニングとしては、背筋を伸ばした状態で腕を伸ばし、力を入れて物を強く押したり、支えたりします。

その代表的なトレーニングは腕立て伏せです。
腕立て伏せは、胸の筋肉も同時に鍛えることができますが、一つだけのトレーニング方法は飽きてしまいますから、ダンベルを持って後ろに引き上げたりする運動を行います。

また、生活の中でできるトレーニングとしては、椅子に座った状態で肘掛などに両手をついて体を支える方法があります。
上腕三頭筋の贅肉を取るのは腹部と同じくらい大変ですし、トレーニングに飽きて挫折するケースもありますが、二の腕の部分痩せの効果は望めます。

又、簡単にできる方法としては、脂肪溶解や脂肪吸引などの美容整形による施術や、加圧トレーニングもあります。
しかし、手軽に自分で出来る二の腕の部分痩せの方法としては、上記の日ごろのトレーニングで十分筋肉を鍛えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:二の腕

このページの先頭へ