脂肪かセルライトか?それによって変わる二の腕のケア

女性の多くが気にするという二の腕を効率的に細くするには、落としたいのが脂肪なのか、セルライトなのかをきちんと見極めることが重要です。
脂肪とセルライト、相違点は多々ありますが、これを落としたい人にとって重要なのはただひとつ、筋トレで落とせるか、落とせないかという点です。

100%とはいきませんが、見当をつけるのは意外と簡単で、まずは、力こぶを作ってみてください。
その力こぶの反対側、落としたいと思う部分ををよーく観察してみましょう。
触ってみて、柔らかいですか?
それとも固いですか?

もし、ぷよぷよとして柔らかく、手触りも滑らかな場合は、敵の正体は「脂肪」ではないかと考えられます。
ぷよぷよ派の方は、まずは筋トレから始めてみましょう。

そのとき着目すべきは、ぷよぷよがくっついている腕の裏側の筋肉、上腕三頭筋です。
これは、収縮して肘関節を伸ばす役割の筋肉ですから、腕を曲げるときではなく、伸ばすときに負荷のかかる運動が効果的です。

そして、ぷよぷよではなく、ゴツゴツとして固く、手触りも何だかデコボコしているという場合は、敵は「セルライト」である可能性が高まります。
ゴツゴツ派の方は、完全に自力で落とすのは難しいかもしれません。
しかし、自力がダメなら他力です。

いきなり切ったり吸引したりしなくても、超音波を当てるなどの方法もありますから、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
敵の正体が何なのかによってケアを変え、一日も早く理想の二の腕を手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:二の腕

このページの先頭へ