二の腕だって細くなる!?まずは伸びの運動から

季節の変わり目に行う衣替え、去年まではジャストサイズだった服が入らなくなったということはありませんか。
鏡を前に、ぽっこりお腹や袖口からぷるんとはみ出た二の腕に目が釘付けとなり、ダイエットを決意する瞬間です。

さて、一口にダイエットといっても、お腹だけとか二の腕だけ細くといった「部分痩せ」は難しいものです。
そこで、お勧めしたいのがラジオ体操第1です。

これは、約400種類もある体中の筋肉を、たった3分程度の時間でまんべんなく鍛えることができます。
まずは背伸びの運動からで、腕を前から上にあげて横からおろす、この動作だけでも、酸素がゆっくりと体内に取り込まれていくのが分かります。

ラジオ体操第1は、大きく13の運動で構成されていますが、1つの動きの最初と最後が、流れるように自然につながっていますので、動きに無駄がありません。
中でも腕を動かすことが多く、上下に振ったりまわしたり、横曲げしたりとなかなか忙しいです。

しかも、手のひらを内側にするか外側にするか、指先を伸ばすか軽くグーに握るかなどのちょっとした動作の違いで、腕にかかる負荷に変化があります。
二の腕の内側など、普段あまり使わないような部分の筋肉を鍛えるには適しているのです。
仕上げの深呼吸の時には、ちょっとした達成感すら味わうことができるでしょう。

ほんの数分間、音楽に合わせて体操する、それだけで体型は細く変化していきます。
ただし、継続は力なりですので「ラジオ体操第1、始め!」と、幼い頃の童心に返ってがんばってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:二の腕

このページの先頭へ