電車の待ち時間や座っている時にエクササイズをして、太ももを細くしましょう

日本人の多くは下半身太りに悩んでいます。
女性の場合は、特に太ももからヒップにかけて老廃物が溜まりやすく、更にひどくなるとセルライトができてしまうこともあります。

セルライトができると自分での部分ダイエットは難しくなり、エステなどで除去しなければなりません。まずはこのような状態にならないよう、日常生活の中にエクササイズを取り入れてみてはいかがでしょうか。電車やバスの待ち時間や、電車の中でもできる、下半身ダイエットのエクササイズがあります。

丹田呼吸法を取り入れて行い、まずは両足を揃えて背筋を伸ばして立ち、軽く息を吸ってから力を抜きお腹を膨らませるように息を吐きます。
そして、お腹をへこませるように丹田を意識して息を吸い、同時にお尻をキュッと締めてください。これはお腹やヒップ周りに効果があります。

そして、電車やバスの中で座席が空いていない時は、まっすぐ立って太ももエクササイズを行います。つり革を掴んで両足を肩幅くらいに開き、背筋を伸ばして、丹田を意識しながらつま先に体重をかけて中央に戻し、かかとに重心を置きます。この体重移動を、太ももを締め込む感じでインナーマッスルを意識して行ってみてください。

もし座席に座れた場合は、背もたれから離れて背筋を伸ばし、膝をまっすぐに揃えて座りましょう。丹田を意識して、膝上から内腿にかけて外側から押されているように内側に向けて力を入れます。慣れてきたら、ふくらはぎや土踏まずも同じように内側に向けて力を入れると内腿のシェイプアップにつながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ