エアロバイクはこぎ方で太ももの脂肪燃焼にもなります

ダイエットをするアイテムの中にエアロバイクがありますが、カロリーは消費しても自転車をこいだりすると脚が太くなるのではないかと疑問を持つ人もいます。
競輪の選手を見てみると女性のウエストくらいあるのではないかという太ももなので、筋肉が付き過ぎてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。

実際に、筋肉が付き過ぎて太くなったという声もあれば、ぶよぶよしていた脂肪が燃えて逆に引き締まったなど、脚痩せ効果についても賛否両論あり、わかりづらいエクササイズです。では、どちらが正しいのかと言うと、こぎ方にコツがあります。
自転車やエアロバイクをこぐ時には、つま先でこぐ様に心掛けましょう。

そうする事により、ふくらはぎや太ももに程よく筋肉が付いて、脂肪をそぎ落としてくれるという結果になります。食事療法や他のダイエットをしても細くならなかった足が細くなりますが、やり過ぎには注意が必要で、普段使わない筋肉が発達しすぎてごつい脚になる可能性もあるからです。

では、やり過ぎというのはどれ位かと言うと、エアロバイクを強めの負荷で1時間漕いだとしても足が太くなるにはまだまだ甘く、相当な時間をやらなければ競輪選手の様にはならないのでご安心ください。

軽めの負荷をかけて30分から1時間くらいの運動で遅筋が鍛えられるので、程よい筋肉が付き、太ももの脂肪が大きな燃焼を起こしてくれるので足痩せ効果が得られます。
こぎ方に気を付けてチャレンジしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ