必要な栄養素を摂り、エクササイズをしてきれいな太ももを目指す

細すぎず太すぎないきれいな太ももは、余計な脂肪分が無く、また程良い筋肉が付いているのが特徴ではないでしょうか。
しかし太ももには、筋肉や脂肪の他にも血管や神経といった重要な役割を担う器官が多く見られ、これらを守るためクッションとなる脂肪が付きやすくなっています。

そして、余分に付いた太ももの脂肪を取ろうと無理なダイエットを行ってしまうと、大切な筋肉も落ちていき、その結果体重が直接膝に掛かって膝を傷めるので、体にとって良くありません。

では、どうすればきれいな太ももに近付けるのかと言うと、必要な栄養を摂り入れながらエクササイズを行うことをお勧めします。
始めに、エクササイズの方法から説明すると、膝と手の平を床につけて、犬のようなポーズをとります。

片足を背中と平行になるよう真っ直ぐ伸ばして2秒間キープし、3秒かけて元の位置に戻していきます。回数は左右10回ずつ行い、1日3セットを目安としますが、この動作に慣れてきたら、足を後ろへ伸ばす際に、反対の手も前に伸ばしてみましょう。

また、必要な栄養素として一部を挙げるとカルシウムやビタミンC、たんぱく質などが大切です。
筋肉の働きを助けるカルシウムは痩せた時の骨を保つためにも必要ですし、ビタミンCには骨や筋肉を丈夫にするコラーゲンが含まれます。

特にたんぱく質は筋肉を生成するために欠かせない栄養素となっており、鶏のささみや卵、納豆や豆腐などから摂取することが出来ます。
十分な栄養を摂ってエクササイズを行えば、筋肉を落とさずに引き締められ、きれいな太ももに近付けます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ