理想の太ももサイズの算出方法とそれに近づけるコツ

太ももはダイエットでは痩せにくく、他の部分は細くなっても太ももだけそのままという経験がある人も多いですが、その反面、痩せ過ぎるとアンバランスで貧弱な体型になってしまい、見る人に美しい印象を与えることができなくなります。

自分のサイズが本当に太っているのか、もしくは痩せすぎているのかを確かめる為に、まずはサイズを測ってみましょう。

細いだけでなく健康的に見える理想の太ももサイズは身長(cm)×0.3で求められ、例えば160cmの人なら48cmになりますが、これはあくまでも理想であり、算出した数値はかなり細く見られているはずなので、若干の差があっても全く問題はありません。
太ももは構造上むくみやすく、脂肪を溜め込みやすい造りになっています。

例としては、長時間同じ姿勢を取り続けたり運動不足が続いたりすることで、体の水分が上半身に押し戻されなくなり、下半身に溜まってしまうことでむくみになります。
その場合は食事療法よりもリンパマッサージが効果的で、蓄積した血液や水分、そして老廃物が順調に流れるようにします。

脂肪太りの場合は運動が第一で、雑誌や電話帳を使用した踏み台昇降を1日に30分程行い、仕事中は下半身に水分を溜め込まないよう足の曲げ伸ばし等のストレッチをしますが、どちらの場合も、普段からエレベーターではなく階段を上ったり、椅子に座った状態でクッションを両太ももの間に挟んで20分程キープする等の努力をしましょう。

理想の太ももは1日では出来上がりません。
地道に努力を重ね、細く締まった綺麗なラインの太ももを維持しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ