太もものセルライトを潰し、ダイエットで痩せやすい体質を作りましょう

女性が体型で悩む場所と言えば、太ももが上位に入るのではないでしょうか。
脂肪が付けば目立ち、そして、ダイエットをしても痩せにくい場所でもあります。
太ももには血管やリンパ管、そして神経等が通っている為、これらの日常生活の動きに重要な役割を担う物を保護する為に、皮下脂肪が付きやすくなっているのです。

しかし、ただの脂肪がセルライトに変わると状況は一転します。
骨盤の歪みや下半身の冷えによって代謝不良が起こり、脂肪に水分や老廃物が絡み合って出来る物をセルライトと言いますが、症状が悪化するとオレンジの皮のように表面が凸凹になってしまう為、放っておくことはできません。

特定できる場所にある人は局所単純皮下脂肪型と言われ、解消したい部位が分かりやすく除去しやすいのが特徴ですが、一度できてしまうと運動や食事を中心にしたダイエットでは解消が難しいので、毎日コツコツと塊を潰すのが最も効果的です。

方法は、両手で絞るように膝から太ももの付け根まで脂肪を3、4回引き上げ、リンパの流れを促します。

そして、両掌で贅肉を挟んで揉みほぐした後、今度は指で脂肪をつまみ、粒になっている部分を指圧して潰していきましょう。
最後にもう一度膝から引き上げて、潰した塊をリンパに流して終了ですが、いずれの場合も皮膚のすぐ下を流れるリンパの流れを堰き止めないよう、力を入れ過ぎずに行います。

セルライトをそのままにしておくと定着してどんどん蓄積していき、いくらダイエットをしても痩せない体質になってしまいます。
早めの対策は細い脚を維持できるだけでなく、痩せやすい体質をも作るという事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ