太もも周りが60cmだとしたら、太すぎでしょうか

太もも周りが60cmだとしたら、太すぎでしょうか。
色々なデータを見ても、平均値というのはわかりにくいのが現状です。
あるデータを見ると、身長156センチの日本人女性の平均値は45.2センチ、160センチで46.4センチとなっています。

別のデータを見ると、平均身長159.5センチの日本人女性で54.6センチ、164.5センチで54.9センチとなっています。
統計というものは何でもそうですが、サンプルによって数字が相当変化するものなので、なかなか把握し辛いものです。

特に身長や体重ならば公の機関がデータを集めていますが、太ももの周囲などはそもそもそれほどデータを集めることがないので、非常に曖昧な平均値と言えます。
しかし、どの統計でもほぼ一貫して変わりないこともあります。

それは、身長が高いほど太もも周りも太いことが多いということです。
太もも周りがたとえ60cmあったとしても、身長が180センチ、190センチあればそれほど太くは見えません。

同じことから、脚の長さも太腿が太く見えるかどうかに影響します。
同じ太さでも、脚が長ければ当然太腿も細く見えます。
更には、関節や足首など脂肪以外の肉が付かない部分の太さも見た目に影響します。

同じ太さ、同じ長さのももであれば、関節部分が細いほうが太い部分が余計に際立ちます。
太腿の太さが身長×0.3センチが美脚理想値で一番良いと言われますが、これはあくまで目安と考えて、他の様々な要素を考慮する必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ