モデルウォークを行うことにより、余計な脂肪が筋肉に変わり、太ももが細くなります

モデルのような細い太ももに憧れている女性は決して少なくありません。
日本人というのはずんぐりむっくりだと表現されてきたように、背が低くて下半身が太いというのが、本来遺伝子の持っている体型です。

そんな日本人にとって、細くて背が高い女性に憧れを抱くのは当たり前なのですが、最近は純粋な日本人の女性でも海外セレブタレントのようなキレイな脚の持ち主も増えてきました。

そんな中でもそうではない、つまりずんぐりむっくりの女性達にとっては、太くて短い足をどうにかしたいと思うのは当然の話です。
太ももダイエットには、スクワットや椅子に座ったまま脚を浮かせてしばらくキープさせるという方法があります。

一方、その原因は骨盤のずれや浮腫み、冷えや悪い姿勢などがあり、当然いろいろな理由があるのでしょうが、姿勢については、最近特に言われるようになってきました。
ヒールなどを履いて歩く際に、足の先から着地するのではなく、膝をきちんと伸ばした状態で歩き、足のかかとから着地するという歩き方に変えるだけで太ももの締りが良くなると言われています。

簡単に表現すると、それはいわゆるモデルウォークなのですが、それを日々実践するだけで余計な脂肪が筋肉に変わり、セルライトが減って引き締まります。
つまり、きちんと筋肉を使って歩くということだけで、ダイエットに効果があるというわけです。

歩き方を正しく変えるだけで、日本人体型から引き締まったモデル体型へと変わるのなら是非実践する価値があるのですが、きちんとした歩きをしてこなかった人にとっては、その歩き方もスクワット並に辛い運動になるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ