太ももの食い込みを気にせずにニーハイ

ニーハイソックスと言えば、秋葉原などのメイドカフェのメイドやアイドルが着用していたことで広まった、女の子のおしゃれアイテムのひとつです。
現在では、アイドルやメイドなどに関係なく、まったく普通の女の子でもひとつは持っている必須アイテムとなっています。

膝よりも丈が長く、太ももまで生地が伸びているソックスで、全体が黒のタイプが最も一般的ですが、どうしてもメイド的要素が強いことから、一般のアパレルブランドでは黒だけではなくナチュラルな色合いや生地で展開されていて、自然と身につけられるアイテムがどこのお店にも並んでいます。

ニーハイの丈よりも短いミニスカートやショートパンツ、ワンピースなどと合わせて、ソックスと洋服の間に見える素肌のゾーン、いわゆる「絶対領域」をちらりと見せることがポイントで、女の子からも可愛いと評判が良く、男性からも、可愛さの中に見え隠れするちょっとしたセクシーさから人気を博しています。

そんなマストアイテムをぜひ取り入れてみたくても、足の太さがダイレクトに分かってしまうから着用できない、と諦めている人もいるのではないでしょうか。
特に、ふくよかな人にとっては、太ももへの食い込みが悩みの種です。

そこで最近登場したのが、ニーハイを履いているように見えるタイツです。
太ももの部分は肌色のストッキング状態なのですが、膝上からつま先にかけては、靴下を履いているような黒の生地になっています。
これで、食い込みを気にせずに、流行のファッションを楽しむことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ