太ももの筋トレにはフルスクワットが効果的です

太ももを鍛える筋トレの王様はスクワットです。
スクワットにもいろいろありますが、その中でも背中に重りを担ぐ普通のフルスクワットが一番効きます。

スクワットが太ももに効かない人の場合、体の別の部分を使って運動していることが多いのです。
例えば、しゃがみ込むときに上半身が前のめりになっていく人がいます。

バーベルをなるべく肩の下のほうに置いて、上半身をある程度前のめりにすると、より高重量を扱えることがありますが、これは持ち上げる動作にお尻の筋肉や背筋を効果的に加担させることができるからです。
しかしその分、大腿の筋肉には効かないということが起こり得ます。

大腿に効かせるには、背中にバーを背負ったら前のめりになることなく、上半身を垂直に保ったまま大腿が床と平行になるくらいまで体を沈めていけば、脚の筋肉が良く働いてくれます。
これが難しい場合、フロントスクワットを試してみるのも良い考えです。

フロントスクワットの場合、上半身が前のめりになるとバーが落下してしまうため、そもそもエクササイズができなくなってしまうからです。
スクワットをする場合、ハーフスクワットやクォータースクワットをするのも悪くありませんが、これらはあくまでも時々変化を持たせるために行うものと考えたほうが良いでしょう。

筋肉を鍛えるのは、どのくらいの重量を扱っているかということよりも、筋肉が実際にどのくらい仕事をしているか、ということだからです。
半分や4分の1しか動く距離がなければ、それだけ仕事量が少なくなるので、筋肉は少ない仕事しかしていないことになるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ