太もものストレッチは表と裏の両方をしていくことになります

太ももには大きく分けてお腹側についている表の筋肉と背中側にある裏の筋肉がありますから、ストレッチも表と裏の両方をしていくことになります。
正座をした状態から上半身を徐々に後ろに倒していくと大腿の表側が伸ばされます。
両脚同時ではなくても、片方の脚は伸ばして片方ずつ行うこともできます。

この他には、起立した状態から片足を一歩前に進めて、そのまま腰を落としていく方法があります。
後ろのほうの脚の膝が床に着く直前まで腰を落としていきます。

後ろ脚の太もも前面がストレッチされますが、同時に骨盤と大腿骨の間についている筋肉も伸ばされるので、腰痛にも効果があります。
腿の裏側を伸ばすには、前屈が有効です。

立った状態でも、脚を前に投げ出して座った状態でもできますが、腰が痛かったり体が硬い場合には、これがほとんどできない人もいます。
そのようなときには、脚を前に投げ出して座り、すぐに上体を前に倒していくのではなく、片脚はまっすぐにして、もう片方をあぐらをかくときのように折り曲げます。

そうして上半身を伸ばした脚のほうに倒していくと、この柔軟体操を行いやすくなります。
この方法でも曲げづらい場合、直立した状態で上半身を左右に倒すストレッチから始めることをお勧めします。

一見太ももとは関係ないように見えますが、腰周りの筋肉の柔軟性も脚の柔軟性と関係があります。
足腰の柔軟性は腰痛予防にも非常に大切だと言われています。
お風呂上りなどに習慣的に行うようにしていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ