太もものトレーニング方法

太ももの前面には四つ、後面には二つの筋肉があります。
特徴としては大きくて、小さい筋肉がないために難しい方法を用いなくても鍛えることが可能であり、運動に慣れていない人でも簡単に強化することができます。

腹筋や背筋、胸やお尻も大きな筋肉ですが、小さい筋肉や複雑な形をしている筋肉があり、使うことが難しい面があり、また、太ももは歩くといった日常生活でもかなり使いますので、他の筋肉よりも衰えにくい性質があります。

これらの事から、普段から使っていることに加えて、簡単に鍛えられるので特別に意識をしてトレーニングする程の意味はあまり大きくてありません。

しかしながら、内転筋群と言って脚を閉じる時に使う筋肉は小さい筋肉が集まって、全体として大きくなっている筋肉があり、この筋肉は日常でも使いにくいため、トレーニングをする必要があります。

方法として、スポーツクラブにあるマシンで座った状態で両脚を広げて抵抗に反しながら閉じる動作で鍛えられます。
また、家でも横になった状態で、やりづらいですが下にある方の脚を上に上げると強化できます。

太ももの前面と後面の両方を同時にトレーニングするにはスクワットがお勧めで、誰でも特別な器具は不要なため思いついた時に実施できるでしょう。
その他、前面と後面についてはレッグエクステンション、レックプレス、レッグカールといったスポーツクラブにあるマシンを使えば安全に効果的に鍛えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ