太ももを鍛えるにはスクワットが一番効果的です

太ももを鍛えるにはスクワットが一番効果的です。
しかし、人によってはこれがやりにくい、または効果があまり感じられない、という人もいるようです。
そこでそのやり方を少し考えてみましょう。

まず、バーベルなど体重以上に負荷をかけて行う場合は特に、反動をつけないこと、背中を丸めないことが一番重要です。
これは体重だけで行う場合にも重要なことですが、反動をつけて行うと関節を傷めやすくなります。

背中を丸めて行うと、腰に過度の負担がかかり、そのうち大きな怪我に見舞われます。
身体を沈めていくときにかかとが浮いてしまってやりにくい、という人もいます。
これを解消するにはかかとに何か厚みのあるものを敷くと安定します。

スクワットをするときの足幅には正解はありません。
いろいろ変えてみて行うのがいいのです。
足幅を広くして行うと、安定感があり、太ももの内側の筋肉を特に刺激します。
足幅を狭くすると、内側への刺激は小さくなり、比較的外側のほうへ効果があります。

自宅などでダイエット目的で行う場合、重さよりも回数をこなすことを考えるべきでしょう。
重いものを低回数こなす運動は筋肉の中でも白筋といわれる太く瞬発力に富んだ筋肉を鍛えます。

軽い負荷で多くの回数をこなす運動は赤筋と呼ばれるスリムで密度の濃い持久力に優れた筋肉を鍛えます。
ダイエットの場合は主に赤筋を鍛えます。

どちらの場合も太ももが床と平行になるくらいまでしゃがみ込めば充分だと言われています。
しゃがんだ時の膝の角度が余りに小さな鋭角になると膝への負担が大きくなりすぎ、危険な場合もあるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:太もも

このページの先頭へ