排卵日からむくみが生じやすいのは、女性ホルモンが影響しています

女性はむくみの悩みを抱えている人がたくさんいます。
長時間同じ姿勢をとっているだけで足には症状が出やすいものですが、特に排卵日からむくみが出やすいという人が多く、ホルモンなども含めてむくむ症状が出やすくなるのです。

特に月経前に不調が起こりやすく、これは、排卵日以降にむくみを悪化させるホルモンの仕組みが影響しています。

女性の身体は月経のリズムで大きく変化していて、女性ホルモンのリズムとも言えます。
女性ホルモンには2種類あり、月経後に分泌されるエストロゲンと、排卵日から月経にかけて分泌されるプロゲステロンがあり、むくむ影響を起こしているのはプロゲステロンです。

受精に備えた準備が排卵で、常に妊娠できる状態を作ります。
プロゲステロンというのは妊娠を維持させる働きがあるホルモンなので、妊娠をすると羊水を増やしたり胎児を成長させるために血液を渡す必要があります。

その為、体に水分を溜め込む必要があり、妊娠できるための準備を行っている状態になり、月経が起こるまではプロゲステロンの影響でむくむ症状が出るのです。
人によって顔に出たり足に出たりと様々で、一時的に解消する方法としては、履くだけで良い手軽な着圧靴下が定番となっています。

また、女性ホルモンが影響しているので、甘いものは控えるようにしましょう。
糖分は代謝の流れから体内で水を作りやすくするので、血糖値が不安定になり自律神経が不調になります。そして、冷えも大きな原因となるのでできるだけ温めるようにし、特に下腹部は冷やさないよう気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ