更年期障害が原因のむくみは約半数の女性が悩んでいますが、男性にも現れる症状です

女性の多くは40代から50代ごろに卵巣の機能が衰えて女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンのバランスが崩れてきて更年期障害という症状が現れてきます。
主な症状としては、体のほてりや大量の発汗、中には情緒不安定になったり不眠症や冷え性、肩こりなどの症状が出る人も見られます。

また、この時期は生活のリズムが変わる時期とも言われていて、生活のリズムの変化による精神的なストレスに職場や家庭のストレスが加わり症状がひどくなる人もいます。
閉経前には、女性にとって重要なホルモンの一つであるエストロゲンが減少します。

エストロゲンが減少してしまうと血液の流れが悪くなってしまい、自律神経のコントロールがうまくできなくなる為、心身ともに不安定な状態となり、様々な症状が現れると考えられます。

この更年期に女性の約半数の人はむくみの症状に悩まされ、これはエストロゲンの減少で血流が悪くなる事が影響しているとされています。
予防や解消法としては、入浴時にマッサージをするなど血液の流れを良くしてあげる事がまず効果的です。

これで自然と元の状態に戻るので、難しく考えないでまずは体がリラックスした状態を維持するようにし、適度なマッサージを施しましょう。
また、最近は男性にも更年期障害になる人が多く見られます。

女性のようにわかるものがない所が判断に困りますが、40代後半くらいからは男性ホルモンの分泌量は減少していきます。
だるさや神経質、不眠、うつ、めまいなどの症状が現れますので気を付けましょう。
男性も女性もこのような症状が現れた時は、リラックスできる環境を整える事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ