むくみ解消に適切な水分補給

朝起きた時に顔や目が腫れていたり、脚を指で押さえて離すと指の跡がついたりする事はありませんか。
痛い・だるい・重い等の不調も加わるその症状は、体の内部の水分調節がうまく機能していない為に起こるむくみです。

成人の体の約6割は水で、その内の3分の2は細胞内に、3分の1は細胞外にあります。
更に細胞外の4分の1は血液ですが、残りの4分の3は細胞と細胞の間にある間質液で、それらは組織の細胞へ栄養素や酸素を運ぶと共に発生した老廃物や二酸化炭素を運び去る重要な役目をしています。

通常、その役目が終了するとリンパ管に入りリンパ液になりますが、疲労や寒さ、またストレス等の影響でリンパの流れが滞ると、間質液が正常にリンパ管に入れず皮膚の下にどんどん溜まってしまうというのがむくみ発生の仕組みです。

この状態の解消には塩分の取り過ぎに注意する他、リンパの流れを良くする為に長時間同じ姿勢をしないこと、体の冷えや運動不足の解消に加え、一番大切なのは意外にも老廃物を排出しやすくする適切な水分の補給で、水の飲み過ぎがむくみの原因と思われがちですが、それを恐れて極端に摂取量を少なくすると尿や汗の量が減り、結果として老廃物の排出がうまくいかなくなるという悪循環が起きるので、1日に1.5リットルから2リットルのミネラルウォーターを数回に分けて飲むようにしましょう。

その際、なるべく常温にするかもしくは温め、日中は多め、夜は少なめの摂取を心掛け、食後は消化を妨げないよう大量に飲まないようにします。
良質な水分を補給して体のサイクルを保つことで、むくみは解消されるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ