糖尿病によって腎臓の機能が低下するとむくみの症状が現れます

糖尿病でむくみの症状が出るという事は、三大合併症の一つである腎症を発症している恐れがあります。
腎臓は血液を濾過する働きを持っており、体内の老廃物や塩分を尿として体の外へ排出し、同時に綺麗になった血液を体内に戻してくれています。

しかし、糖尿病により血液内の糖の値が高い状態が続くと、腎臓の中で老廃物を取り除く働きをしている「糸球体」という、細かい血管の集まった所で障害が起こり、腎臓の機能が低下してしまうのです。

そうなると、腎臓は正常に血液を濾過する事が出来なくなり、蛋白質が尿となって大量に排泄されてしまうようになります。
実はこの蛋白質は血液中の水分をコントロールしており、通常は必要な量が外に漏れ出てしまわないよう調節されています。

ところが、腎機能の低下で血液中の蛋白質が極端に減ってしまうと、水分などが血管やリンパ管の外の組織に滲み出てしまい、むくみという症状になって現れてくるのです。
これが更に進行すると、腎不全や尿毒症に移行してしまい、人工透析が必要になってしまいます。

腎症の中でも、尿蛋白が検出される程度の初期段階では、自覚症状として現れるのは高血圧ぐらいと言われています。
つまり、糖尿病でむくみを感じるという事は、既に腎症が後期になっている可能性が高いのです。

そうならない為にも、診断を受けたら例え症状が無くても放置せず、アルブミンという蛋白質の検査を定期的に行う事が重要です。
初期の段階での確実な血糖コントロールが、進行を食い止める為の最良の方法と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ