膝周辺のむくみと関連した症状

むくみとは体内の水分をはじめとした循環がうまく機能しなくなることで、一部分に老廃物などを含んだ水分がたまり、それが凝固することで様々な外見・内面両方への悪影響を及ぼす症状のことを指します。

こうした症状は一般的に水分摂取が不適切であったり、生活習慣に何らかの異常があったりする場合にみられる症状とされており、その一方でむくみが膝周辺を中心に発生する場合、症状以外の別の原因が潜んでいる可能性があるとされています。
その主として挙げられる原因に、膝関節の異常が考えられています。

関節自体が炎症を起こすことでその部分に水分がたまって膨張すると、結果的にむくんだ様な状態に見える症状が主とされ、こうした関節炎を引き起こす原因には、細菌が入りこむことでの細菌性炎症や、食生活の乱れから来る痛風、リウマチなどが挙げられています。

いずれの原因でも、その結果起きる症状の特徴として、発熱や体重の減少、膝関節の痛みまたは曲げ伸ばしの困難さ、などが該当します。
これらの症状がむくみと合わせて発生している場合、早めの整形外科の受診をするようにしましょう。

数週間程度で症状が緩和するケースもあるとされているものの、細菌性炎症などは特に進行が速く、自然回復が見込めない症状となっており、それらを一般的に判別することは非常に困難と言われています。
したがって、むくんだ時に痛みや異常が出ている場合は、早期受診が適切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ