下半身のむくみと腰痛の確率との関係

むくみは、主にリンパ液をはじめとした、体内における水分循環の流れが滞ることで、部分的に水分が蓄積されて膨張するために起きる症状です。

こうした症状を改善する方法としては、一般的に挙げられるのは適度な水分摂取、むくんだ部分への刺激となるマッサージ、むくみの一因となる脂肪を減らす食生活や運動などがあります。

しかし、これらの対策を取っているにもかかわらず、症状の改善がみられないケースもあり、こうした場合は、むくんでいる部分以外の原因が隠れている可能性があると考えられます。
特にひざ裏やふくらはぎ、足首などの下半身に症状が出ている場合、注視する必要があるとされる部分に、腹部や腰の異常が挙げられます。

そもそも体内の循環機能において下半身から心臓部に流れを戻す時に、下半身の筋肉による働きが欠かせないものとなっています。
こうした下半身の筋肉が衰えていたり、筋量バランスが崩れていたりすると、流れを戻す働きにも狂いが生じるのです。

そして、その様な下半身のバランスに狂いをもたらす遠因として、腹部や腰の状態が悪化しているケースが考えられます。
特に腰痛の場合、全身の重心が崩れることで、下半身の筋肉に負担がかかりやすくなると言われています。

すると、結果的に下半身にむくみが生じやすくなり、それにより少々の行動でも下半身が疲れやすくなる他、腰痛を含む他の症状が更に悪化するという展開も考えられます。
こうしたケースも踏まえ、胴体部分への対処にも留意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ