心不全とむくみとの関係と特徴による症状の出方

一部分に水分がたまって膨らみが起きる症状を指すむくみは、その発症と全身の循環機能との間に密接な関係が存在します。
全身の循環機能に何らかの異常が発生すれば、その結果として一部の循環が滞り、膨らみが生じやすくなるためです。

こうした循環器系の異常の一種に、心不全が該当すると言われています。
心不全とは、心臓の血液を押し出すポンプ作用の働きが上手く機能せず、血液を全身に上手く送りこめていないという、厳密には特定の病名では無く、病気の状態を指した言葉とされています。

この状態となると、滞った地点で血液に含まれる水分や成分がたまり、むくみを引き起こしやすくなる仕組みとなっています。

この症状は、心不全の特徴に応じて症状の出方が変わってくるとされており、大きく分けると、肺から心臓に進む血液を受け入れる左心と、全身から心臓に戻って来た血液を受け入れる右心、どちらによる異常なのかで変わってきます。
この中で、見た目から分かる様な、全身の膨らみを引き起こすタイプは後者であることが知られています。

左心の異常によるタイプは、肺の周辺に血液がたまりやすくなることで、肺の機能不全を引き起こしやすいのに対し、右心に異常が起きると、全身から心臓へ血液を戻しにくい状態となります。

すると重力の効果によって血液成分が残りやすい脚や、肝臓などでむくんだ状態が起こりやすくなると言われています。
こうした病状による場合、放置すると生命に関わる危険性があり、早めの発見や対処が求められます。

一般的にこれらの病状によるむくみがある場合、他の症状として内臓機能の不調による食欲不振や吐き気、血流不充分による疲れやすさや末端の冷えなどが同時に起きるケースがあり、そうした異常があるか否かで受診を判断することも必要とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ