ロキソニンの副作用のむくみについて

今や、世間には様々な薬が販売されています。
漢方などの薬は、元々江戸時代前から伝えられたとされていますが、鎖国などの影響で情報ルートが途絶え、その間に日本独自の発展をし、江戸時代には医師が、薬種商と呼ばれる商人から生薬を購入して調合をしていました。

しかし、今ほど発達した文化ではありませんでしたので、薬の効果も全てにおいて確立されたものではなく、昔は病気によって亡くなる人も少なくありませんでした。
現代では医療や薬の技術が格段に進歩し、病気を治すものをはじめ、病気を予防する薬と様々な効果を持つ薬などが作られています。

その中でも、よく病院などで処方される薬の中に「ロキソニン」と呼ばれるものがあります。
最近では市販薬としても認可され販売されるようになり、とても便利になりました。

ロキソニンは主に解熱、鎮痛、消炎剤として用いられ、一般病院をはじめ、歯科医院でも歯を抜いた時の痛み止めとして処方されたり、炎症を抑える用途で出されることが多い薬です。
薬には副作用を伴うものもありますが、もちろんこのロキソニンにもあります。

胃部不快感、むくみなどが主な副作用です。
しかし、胃部不快感は、この薬を処方される際に医師が胃の粘膜を保護する薬と一緒に処方することが多いため、症状が激しく起こることは少なくなっています。

その他の副作用であるむくみは、薬を飲むことによって腎臓に負担がかって機能が弱まるので、どうしてもむくみが起きてしまうものなのですが、薬の飲用を止めると戻りますので、腎臓系疾患の持病がある人以外は、さほど心配しなくても大丈夫です。

特に気になるという人は、いつもよりお風呂に長く入って少し汗を流したり、できるだけ塩分を減らした食事を心がけるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ