むくみが一因となって起きるセルライトの基礎知識

日頃の生活習慣や健康管理の程度によっては、肌の表面やその内部の組織に異常が起きる確率が高まります。
そうした肌やその内部における異常の1種と言えるのがむくみです。

これは運動不足や食習慣などの原因によって、全身の老廃物を運搬・輩出するために流れるリンパ腋に滞りが生じることで発生する異常です。
リンパ腋が滞ると、全身の老廃物が排出されずに体内組織のどこかで蓄積されたり、リンパ腋自体が重力によって特定の個所に溜まりやすくなります。

するとそれらが溜まった部分にふくらみが生じることによって、むくみが発生する仕組みになっています。
こうした異常はそれだけに留まらず、他の異常を引き起こす原因ともなります。
その1種と言われているのがセルライトです。

これは膨らんだ部分に老廃物も含んだ水分が集まり、脂肪なども合わさって固まりとなることで発生する異常です。
こうしたセルライトは1度発生すると、完全に取り除くことが難しい異常と言われています。

また皮下組織にこの異常が発生することで、皮膚組織自体も伸びきった状態が続く結果、元通りにならないゴム状の様に組織の広がった状態が固定化されやすくなります。
すると見た目のたるみも元通りとすることが難しくなる厄介な状態となります。

このため、根本の原因となるむくみ自体を防ぐことが肝心とされます。
またセルライトはホルモンや自律神経のバランスが崩れる他に、極端な温度低下などによる血行不良で悪化する性質があるため、循環機能を向上させる様な対策も有効と言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ