むくみの改善効果を目的としたマッサージについて

体内の一部分に水分が溜まり、その部分や周辺が膨らんだ様になるむくみを放置したままにすると、見た目としても悪いばかりで無く、他の様々な異常の原因となるケースもあります。
そのためできるだけ早い対処が必要と言えます。

むくみの改善にはいくつか方法があり、全ての対処方法に共通した目的として、むくんでいる部分やその周辺の血流やリンパ液の流れを改善し、溜まった水分がスムーズに流れるようにする特徴があります。

運動不足の解消や適量の水分摂取もこれに該当していますが、普段から適度に行いやすい対処方法としては、マッサージが有効となっています。
そしてマッサージを行う際には、効果を上げるためのやり方や条件がいくつか挙げられます。

まず第1に、より血液やリンパの流れが集まっている個所を狙うことが挙げられます。
これらの流れが多く集まっている個所としては、脇の下やひざの裏側、ふくらはぎから足の指先にかけてといった部分があり、こうした部分でのマッサージを行うと効果的となります。

第2の条件に、血管やリンパの流れに沿った揉みほぐしをすることが挙げられます。
折れ曲がった紙を伸ばすイメージで、腕や足の筋に沿った揉み方が無難とされています。

さらに揉みほぐす際は、深呼吸して息を吐く時に、痛みを伴わない程度の力でほぐすと、リラックス効果にもつながるため良いとされています。
こうしたマッサージは1回に集中するより、定期的な時間帯、例として休憩時間などに1回で数分程度でも行うのが良いとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ