足のむくみやだるさには、痩せることやリンパ腺をマッサージすることなどで対処できます

女性にとってむくみは頭の痛い悩みの一つです。
もちろんそれには原因がたくさんあり、太りすぎの人で足に負担をかけすぎていること、それからピンヒールなど足に負担をかけた状態で足を酷使したこと、そしてお酒を飲みすぎたなどの水分がたまってしまっていること、それから妊婦であることなどが主な原因です。

太りすぎている人は簡単な話で痩せれば多少むくみは改善されるケースも多いです。
上半身についた脂肪を全て足で支えているわけですから、負担がきて足が浮腫むのは当然のことで、この場合は痩せれば改善される可能性は高いのです。

そしてピンヒールなどの足に負担のかかる靴で足を酷使した場合、これはその日のお風呂の時に、湯船に浸かった状態でゆっくりとリンパ線を延ばすようにマッサージしてみるとかなりだるさは改善されます。

もちろんあまりやりすぎるともみ返しがきて、次の日リンパ腺が痛むということがあるので程度の加減が重要になります。
お酒を飲みすぎた次の日は自業自得だと諦めるしかないのかもしれません。

そして妊婦の場合は、とにかく足を高く上げて寝ることが効果的で、行儀が悪いかもしれませんが、食べる時もあぐらをかく、寝る時は枕を足の下に敷くなどの対処で症状はかなり変わるはずです。
とにかく足が体の中で一番下にならないように、足の水分が太ももを通して上半身にあがってくるイメージで毎日を過ごすことで辛さはかなり違うはずです。

足のむくみのだるさというのは、経験した事のある人にしか分からない辛さかもしれませんが、夜中気になり始めると睡眠にまで影響が出てしまいます。
そうならないためにできるだけ予防をし、対策をする事が重要なのですが女性として浮腫みと闘うことは一生の課題なのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ