冷え性やむくみは、まず原因を知った上で、身体の外側からと内側から改善を行う必要があります

女性は冷え性やむくみで悩んでいる方が多いのではないでしょうか。
なぜ女性の方が男性に比べ体が冷えやすい理由は、寒さを感じる時に自立神経が働きかけ、熱を生み出す事によって体温を調節しているのですが、そのときに必要とする筋肉が男性より少ない為です。

手足の冷えに困る方は多いですが、むくみも冷えの症状の1つとなります。
冷えによって血液の流れが悪くなり、結果老廃物が滞りむくみを引き起こします。

このように体温調整機能が異常を起こすと、体の各箇所の不快症状や痛み、精神的なストレス等を引き起こしたり、女性であれば生理不順や生理痛など、またそれらが悪循環になってなかなか改善できなくなります。

そこで対策として、まずは体の外側からですとお風呂や衣服によって暖を取ったり、運動やマッサージ、ツボを押したりする事で血行を良くさせたり体温を上げたりする方法があり、体の内側からだと食事や飲み物によって改善を期待できます。

あとは睡眠によって改善を試みる方法もありますが、まず大切な事は自分の冷えの原因が何であるかを知る事でしょう。
女性には衣服間係の原因も多く、体を冷やしてしまうような露出の多い服装や締め付けが激しい服などが冷えの原因を作っています。

食生活でも血行を悪くするようなお菓子類や油もの、また体を冷やすとされている食べ物などが原因になり、さらにはエアコンなどの機器を使いすぎて自律神経が乱れてしまう事などの原因もあります。

しかしこれらが原因に当たるのであれば日常の工夫で改善できる事が多いので、取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ