くるぶしのむくみを取るにはリンパの通りを良くします

足がむくむと履けない靴も出てくるのでむくみは早く取りたいものです。
くるぶしの辺りのむくみ易く、むくみを取る方法として、その辺りにはリンパが通っていますから、リンパの通りを良くします。

1つ目は、足首をよく回すことで、右、左両方にゆっくり回します。
右足左足どちらも5回ぐらいずつゆっくり回してください。

2つ目は、足裏の指の付け根を強めに押します。
親指以外の指の付け根がリンパの流れに関係する部分ですが、親指の付け根も首の凝りに効くのでいっしょに押し、痛みがあるところは無理のない程度に念入りに刺激するようにします。

3つ目は、足裏の中央から斜め下の足の内側、土踏まずの中央に向かって指圧を行い、斜めの線をかくように押し、少し強めに押します。

4つ目はくるぶしの周辺を刺激し、まずは1点1点押して行き、最後に円を描くようにマッサージして下さい。

5つ目はふくらはぎを下から上に押し上げ、ふくらはぎの後ろ、右側、左側、全部下から上に押し上げます。

これらのマッサージはアロマオイルか香りの良いクリーム等を塗ってマッサージすると良く、良い香りで心も癒されますし、すべりも良くなるので一石二鳥です。
またマッサージが終わった後には、ぬるめの白湯を飲むとより効果的で、老廃物がより流れやすくなります。

はじめは時間がかかるかもしれませんが、覚えて慣れてしまえば、簡単で、できれば2日に1回は続けましょう。
続けることでリンパの流れがより良くなっていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ