むくみはツボを刺激することで症状が改善することもあります

むくみとは、水分が細胞内に停滞して血管に排出されなくなった結果、細胞が膨張して起こる現象で、例えるなら、排水処理がうまくいかないということです。
排水処理が滞る原因として、冷えや血行不良などがあり、これは運動不足や冷たいもののとりすぎ、素足で歩くなどによっておきます。

身体を温めたり、適度な運動を行うことで、ある程度のむくみはおさまります。
それでもおさまらないという場合、ツボを刺激することで症状が改善することもあります。

腹部が冷えていることが多いため、腹部をマッサージしてあげると循環がよくなり、具体的な場所としては、おへそから指一本分上の「水分」、おへそから指4本分下がって左右に指三本分の場所の「水道」などをやさしくマッサージします。

足の循環が悪くなっているときは、膝の骨の外側のくぼみから指4本文下がったところにある「足三里」、内くるぶしの中心から指4本分上がったところにある「山陰交」、内くるぶしの中心から指3本分上がったところにある「復溜」という場所を優しく刺激してみましょう。

その他、手の親指と人差し指の付け根「合谷」、ひじの内側のしわの親指側の端で押すと痛いところ「曲池」というところを刺激しても効き目があります。

いずれのツボも強すぎる刺激を与えると逆効果になりかねないので、最初はやさしく無理の無い程度に押し、徐々にイタ気持ちいいぐらいの刺激を規則的に繰り返すといいでしょう。
また、ツボをもむだけでなくお灸をしても効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ