女性の約7割が悩んでいる下半身のむくみはなぜ起きるのか

女性の約7割の方がむくみに悩んでいると言われています。
ではどのようにして体がむくんでしまうのかをいくつか紹介していきます。
足がむくんでしまうのは血液やリンパ腺の流れが悪くなる事で水分が溜まってしまうからです。

この水分と言うのは血液中に含まれている血漿成分の事であり、通常は食事をした時に得られた栄養や酸素をそれぞれの細胞やその隙間、内臓器などに運ぶ役割があり、その役目が終わると再び血液中に戻っていくが、これが何らかの原因で血漿成分が戻らなくなると皮下組織の下に過剰に溜まってしまうのでむくみを引き起こします。

その他に腎機能が低下する事によっても起こりやすくなります。
下半身は特に重力や自分の体を支えるので水や老廃物が下に溜まる傾向があります。
これは長時間のデスクワークや立ち仕事を行うことで発生します。

ふくらはぎの筋肉の緊張状態が続くと下半身を巡ってきた血液を送り返すポンプの働きが弱まってしまうので、むくみがさらに発生しやすくなります。
むくんでしまった場合にはその日の内に解消するという事が鉄則です。

そのまま放置するとセルライトができてなかなか落とす事が難しくなりますので、帰宅後にはできるだけ早く入浴して体を温め、それからマッサージをすることで多くの場合は解消されますので毎日継続して行うようにしましょう。

そして、女性の方は特に自分の体を細く見せようとして少しきつい下着などを選ぶ傾向にありますが、体に合わないものを使用しても下半身がむくむ原因になるので少し大きいぐらいの物を選ぶべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ