妊娠後期のむくみなどの原因と対処法

妊娠初期は悪阻で苦しい思いをしますが、後期は、妊娠中の中でも体型やホルモンバランスの変化により、悪阻とは別の意味でつらい時期です。
妊娠後期に現れる主な症状としては、のぼせやほてり、動悸、息切れなどの他、むくみや恥骨痛、残尿感などが挙げられます。

これらの症状は、赤ちゃんが大きくなったことにより内臓や血管が圧迫されているためで、基本的には出産するまでは続きます。

ほとんどの症状が出産と同時に嘘のように治まりますが、それでなくてもお腹が大きくなって動きづらい上に、様々な不快な症状が出てくるため、妊婦にとっては出産の不安同様に悩みの種です。

恥骨痛については、骨盤ベルトで骨盤を固定することで症状が軽減される人がかなりいます。
残尿管は膀胱が圧迫されていることが原因ですので、尿意を感じたら我慢せずにすぐトイレに行くことで、膀胱炎の予防になります。

むくみはなかなか自分で改善することは難しいですが、塩分控えめの食事をしたり、マッサージをしたり、足を高く上げて寝たり、締め付けない服装をするなどである程度改善できます。

酷い人は靴がはけないほどに足がむくみますので、なるべく進行させないように普段の生活で十分気をつけましょう。

なお、原因としては赤ちゃんの圧迫以外にも、妊娠中毒症も考えられます。
妊娠中は体調の変化が著しく、後者の場合は母子共に注意が必要ですので、妊婦検診には必ず定期的に通い、検査を受けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ