むくみは、静脈の異常を考えられ下肢静脈瘤の疑いもあります

私たちの体には血管が全身に網目状に張り巡らされています。
心臓から送り出された血液が通る動脈、心臓へと戻っていくために通る静脈の2種類があります。
ところで、むくみは静脈の異常が考えられる事が多いです。

静脈は体中の組織に栄養分や酸素などを送り届けた後に、二酸化炭素や老廃物などを受け取って心臓に戻る役目を持っています。

特に下半身を通っている静脈は重力に逆らって心臓に戻らなければなりませんので、ところどころ他の部位より逆流を防ぐための弁が多くあります。
しかし、その弁が何らかの異常によって血液が逆流して足に溜まってしまうことがあります。

これが下肢静脈瘤です。
長年デスクワークや立ち仕事を行ってきた人がなりやすいものですが、妊娠をしている人にも起こりやすい病気だと言う事ができます。
この病気になると皮膚が盛り上がっていたりと異常を確認することができます。

下肢静脈瘤になった時の特長的な症状はむくみ、だるさ、鈍痛などが上げられます。
この病気自体は命に関わるような物ではありませんが、そのまま放置すると血液成分が静脈から皮膚の下に浸みだして皮膚が黒ずむなどが起こり、重症化すると潰瘍が出来る事もあります。

足になんらかの異常を感じた場合にはできるだけ早く医療機関で受診をして治療を行ってもらうと良いでしょう。
予防法としては、足がむくんだらその日の内に入浴やマッサージなどをするなどをして予防することを心がけるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:むくみ

このページの先頭へ