補正ブラには育乳を目的としているものがあります

女性は成長と共に体型が変化しますが、初潮を迎える10代の前半から胸が膨らみ始めます。
次第に女性ホルモンの分泌量が増え、25歳前後には女性らしい体型の完成期を迎えます。
その後は皮下脂肪が沈着し、バストラインが垂れてきたり、横に流れるなどの変化が起きてきます。

このような状態を放置しておくと、後から元の状態に戻すのは困難です。
下着メーカーが体型にあまり変化を感じないと言う女性を調査した結果、食事に気を配り、美しい姿勢や歩き方を心掛けているほかに、体に合った下着を付けている傾向があることがわかりました。

反面、女性の7割は、着けているブラジャーが自分の胸に合っていないと感じているとの結果もあります。
バストが垂れる大きな原因のひとつは揺れに弱いことです。

バストを構成する組織の一部であるクーパー靭帯は、長期に渡って揺れにさらされると伸びやすくなると言われています。
合っていないブラジャーを着け続けるとバストが固定されにくく、その分揺れの影響を受けやすくなり、胸が垂れてしまうのです。

そんな悩みを抱えている女性にお勧めなのが補正ブラで、最近の補正ブラには育乳を目的としているものがあります。
3つのステップに分かれていて、まずベースを作り、次に左右のカップ間を狭くして胸の肉を中央に寄せ、3ステップ目に持ち上げ効果の高いブラジャーで高さと形を作ります。

これらそれぞれの段階に応じたものがあり、価格帯は5千円代から1万円前後で、補正下着のイメージを変えるようなお洒落なデザインが揃っています。
この補正ブラを使用し、DカップからFカップになったとの喜びの声も聞かれるほどなので、試してみる価値は十分にあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:補正下着

このページの先頭へ