リバウンドなしを目指すための工夫と起こってしまう原因

正しいダイエット方法を身に付けることで、リバウンドなしの状態になれる可能性が高くなります。
そもそも、これが起こる原因となっているのは、体内のホルモンによるものだと言われています。

食べる量を制限するなど身体に合わない無理なダイエットをしてしまうと、お腹が空いて飢えた状態と認識し、脳が危険信号を出し始めます。

そして、口から入る量が減るわけですから、栄養を無駄なく全て摂ろうとするため、ほんの少しの栄養でも太ってしまうようになるのです。
では、リバウンドなしのダイエットのポイントとはどのようなことかと言うと、無理な食事制限をしない、適度な運動を行うなどが挙げられます。

極端に食べる量を減らしてもそれを続けるのは至難の業で、痩せたとしても体重が戻ってしまいやすいです。
もし、食事制限を行うなら1番脂肪になりやすい炭水化物を少量減らすだけにして、野菜中心の食事にするのが良いでしょう。

茶碗ですと2口残す程度で、少しずつ減らせば自然と胃の大きさも小さくなり、負担も少ないため、体重が元に戻ってしまう可能性は低いです。
そして、適度な運動を取り入れていくことで基礎代謝がアップして痩せやすい体になるので、リバウンドもしにくくなります。

特に、脂肪を燃焼させるのに効果的な運動は有酸素運動の水泳やウォーキングなどがあり、それに加えて無酸素運動のダンベルや腹筋といった筋トレを行うことをお勧めします。
この2つを組み合わせれば、脂肪を落としながら太りにくい体作りができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リバウンド

このページの先頭へ