リバウンドの原因から体重の維持を心掛ける

リバウンドの原因から体重を維持する方法を考えていきましょう。
リバウンドしやすいのは、無理な食事制限でダイエットをすることで、制限をしている間は身体が低カロリーで動かせるように、いわゆる省エネモードに入ります。
そこで、基礎代謝が下がってしまい消費カロリーが減ることにつながります。

ダイエット以前の食事に慣れていた身体はエネルギー不足だと認識して、より効率的にカロリーを得ようとします。
生命維持の仕組みとしては素晴らしいのですが、目標とした減量が出来て食事を戻していった時に、食べ過ぎていなくてもリバウンドしてしまう原因となるのです。

また、厳しい食事制限をしていると、食事を戻した時に今まで制限していた分、どうしても食べたくなってしまい食欲が強くなってしまうこともあります。
したがって、減量した状態を維持するには、無理な食事制限はしないようにしましょう。
次に、筋肉量の減少です。

無理な食事制限ではなくても、食べる量を減らすだけの場合や、一気に体重を落とすようなダイエットをした場合に筋肉が減ってしまい、脂肪が減らずに痩せにくい身体になってしまいます。

そこで、たんぱく質などを中心としたバランスの良い食事を摂り、適度な筋トレで筋肉量を維持することが必要です。
このように、食事の面を見直し、無理をせずに徐々に減量を行い、運動や筋トレによって筋肉量を維持したり増加することが、体重の維持をする方法としては重要となります。

出来るだけ継続して、いずれもダイエットではなく健康維持の手段としての習慣としていけば最良と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リバウンド

このページの先頭へ