ドラマ「リバウンド」で注目の女優となった相武紗季

2011年に「リバウンド」というドラマが日本テレビで放送されていました。
あらすじは、元々太っていた主人公が失恋を機に1年で33キロのダイエットに成功したにも関わらず、イケメンパティシエと恋に落ち、彼の為にケーキを食べ続けて再び78キロの巨漢に戻ってしまいます。

その後、仕事か恋かの選択を迫られ、葛藤しながら本当の幸せとは何かを模索していく20代女性の等身大の姿をコメディタッチに描いたドラマです。
この作品が民法の連続ドラマの初主演となった相武紗季は、男女問わず好感度が高いのでCMや声優と言った分野でも活躍しています。

均整の取れた健康的な体つきと爽やかな笑顔で清純派のイメージが強い彼女が、特殊メイクで巨漢に変貌を遂げた姿に注目が集まりましたが、スリムな時と太っている時の微妙な心情の違いを表現した演技で彼女は女優としてさらなる飛躍を遂げました。

太っている時の自虐ネタで周りを盛り上げる外交的なキャラクターや、ダイエットをして理想通りの体型になっても自信を持てず無理に明るく振る舞う姿、太っていた頃の面影を残すガニ股歩きといった体当たりの演技が素晴らしいと評価されました。

そして、ドラマがクライマックスに向かっていくに従って主人公が精神的に成長していき、リバウンドしない自分らしい生き方を見つけていく姿に多くの視聴者が共感しました。

今までスタイルの良さが魅力のひとつだった相武紗季は、このドラマの太った女性を演じる事で新たな魅力を引き出し、女優としての役の幅を広げ、その後出演したドラマでも重要な役どころを演じており、ますます目の離せない女優です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リバウンド

このページの先頭へ