リバウンドをしないダイエット

ダイエットは、肥満の人が健康的な体になるための食事療法ですが、一般的には食事療法だけでなく、運動なども含めたトータルな痩身の方法と考えられています。
体重を減らすには、1日に摂取するカロリーが消費するカロリーより少なければ良いです。

そうすれば、消費するカロリーは体の脂肪から燃焼されます。
しかし、理論的なダイエットはそうなのですが、実際のダイエットは理論通りにはいきません。
無理なダイエットは一旦は体重が減るものの、元に戻ったり、元の体重以上になってしまうリバウンドが起きることもあります。

リバウンドの原因としては、食事制限により食べれないことによるストレスが挙げられます。
そのストレスを解消することができずに、食べてしまうからというのが原因です。

ダイエットは、精神的に負担をかけてうまくはいきません。
強い意志があれば良いのですが、食欲という欲求に負けてしまいがちです。
そこで、食欲を満たしながらがダイエットをすることが大切なのですが、それには食生活を見直すことが必要になります。

食べるメニューも、肉などを中心とした食生活から、魚や野菜を中心とした食生活にすることをお勧めします。
決して肉を食べないということではなく、肉を少なくし、また食べる肉も豚であれば、油の少ない箇所にしたり、鶏肉などにしたり、調理方法も変えたりすれば良いでしょう。

あまり知られていないかも知れませんが、食事の方法においても、まず、野菜などの前菜を先に食べるようにすると効果的です。
ダイエットでリバウンドをしないためには、メニューや食べ方の改善が必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リバウンド

このページの先頭へ