リバウンドを防止できるダイエット方法

ダイエットは成功しないものだという意見があります。
基本的に成功しないものだから常に情報が飛び交い、次々と新しい商品が売り出されるというのです。

成功しないというのは、一時的に体重が落ちてもリバウンドしてしまう、という意味だと考えられますが、リバウンドを防止するには、そもそもなぜリバウンドしてしまうのかを考えなければなりません。

ダイエットをするとき採られている最も一般的な方法は、食事量を減らし、ジョギングなどの有酸素運動をして脂肪を燃焼させる、というものです。
こうした方法を採れば、一時的には体重が減ることが多いのですが、なかなか永続的な結果は得にくいです。

まず、食事量を減らして体重が落ちた場合、再び元のように食べ始めれば大抵の場合、体重は元の状態か、それ以上に増えます。
これは元々どのくらい食べていたか、どの程度のカロリー制限をしたかによって結果が変化すると考えられます。

明らかに食べ過ぎの状態だった人が、適正な量だけ食べ続けるようにしていくのは良い事ですが、元々食が細かったような人が更に摂取カロリーを減らすようなことをすれば、筋肉も落ち基礎代謝が低下するでしょう。

筋肉が落ちて基礎代謝が低下した状態で再びカロリーを摂り始めると、入ってきたカロリーを上手く燃やせないので体に脂肪として蓄えられることが多くなります。

こうした結果を防止し、健康な体を長期間にわたって維持するためには、体重にこだわり過ぎるのではなく、栄養バランスのとれた食事をし、無酸素運動にも取り組み筋肉をつけていくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リバウンド

このページの先頭へ