加圧トレーニングの考案者が出版する本の紹介

加圧トレーニングは、少ない負荷で激しい運動や筋トレと同等の効果を発揮するとして注目され、広く浸透し始めています。
医学博士の佐藤義昭氏が研究開発したトレーニング方法で、ダイエット、血行促進、回復力、筋力アップ、美肌や若返りの効果まで得られます。

このトレーニングを取り入れている施設が自宅や勤務先の近辺に無い、あるいはスポーツジムやヨガサロンなどに通うのが面倒だと言う人も多いことでしょう。
又、意気込んで通い始めたけれど休みがちで続かなくなるという人もいるのではないでしょうか。

そういった人たちにお勧めなのが、雑誌や本などで情報を得て自宅で始めると言う方法です。
どういう理論でダイエットや健康に良い効果をもたらすのか、必要な設備や器具は何か、その値段はどのくらいかなど、まず始める前に内容、知識、効果などを確かめることができます。

このトレーニング方法の考案者が著者となっている本が、数冊出版され販売されています。
その書籍の題名と価格を紹介しますが、出版社は全て講談社です。

『加圧トレーニングの奇跡(講談社の実用BOOK』が1,470円、『ササっとわかる「加圧トレーニング」健康法(図解大安心シリーズ)』が1,000円、『誰も教えなかった本物のダイエット-加圧トレーニング発明者の実践的身体改造法』が1,470円で出版されています。

『加圧トレーニングの理論と実践(KSスポーツ医科学書)』は3,990円と少々値が張りますが、他に3名が執筆し、科学的、臨床的な研究を集めたもので、研究者、医療従事者、スポーツ指導者向けでより専門的な内容なので、手始めに購入して検討するには先に挙げた3冊がお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ