加圧トレーニングの仕組みとその評判について

加圧トレーニングとは、体が本来持っているシステムを利用して、効率良くトレーニングを行う方法のことです。
発祥は日本で、今では世界的にも評判の高いトレーニング法になっています。

加圧トレーニングのポイントは、適度な圧力によって血流を流れにくくすることにあります。
流れを止めるわけではなく、適度に血流を制限するのです。

こうすることにより、動脈から新しい血液が流れ込む一方で、静脈からの血液を戻りにくくするという現象を作り出します。
戻りにくくなった血液は腕や脚に多くなり、毛細血管にまでしっかりと流れるようになります。

加圧は、腕や太ももをベルトで締めることによって行われ、この状態で10分程度軽い負荷をかける運動をすると、筋肉はハードトレーニングを行った時と同じような状態になり疲労物質が溜まり始めます。

これを脳が感知し、成長ホルモンの分泌が促進されるのです。
加圧のため、疲労物質は末端部にどんどん蓄積していき、その量は終了時にピークに達します。

運動終了後にベルトを緩めて血流を元に戻すと、分泌された成長ホルモンは血液によって全身にしっかりと運ばれ、体脂肪の分解を始め、その次に筋肉合成が始まります。
このように、加圧トレーニングは従来ハードトレーニングでしか得られなかった効果を、軽い負荷の運動を短時間行うことで得ることが可能です。

実際に重い負荷をかけているわけではないので、同程度の効果を得ているにもかかわらず、体にかかる負担は軽く済ませることができるのがこのトレーニングのメリットだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ