女性にもお勧め 加圧トレーニングとは

最近、テレビや雑誌等マスメディアで扱われることも多い加圧トレーニングとは、文字通り「圧力を加えた状態でトレーニングすること」です。
ちなみに、あまり知られてはいませんが発明者は日本人で、つまり、日本生まれのトレーニング法でもあります。

具体的には、腕や足の付け根を専用のベルトを使って締め付け(加圧し)ながら行うトレーニング法で、ベルトで締めるということは、血流を制限するということになります。
血流を適度に制限しながら軽い負荷のトレーニングをすると、筋肉はストレス状態になり、筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積されていきます。

そして、脳が乳酸が溜まってきたと感知すると、成長ホルモンの分泌が始まります。
成長ホルモンは血流に乗って、全身へ行き渡ります。
ですから、血流を制限した腕や足だけでなく、全身の脂肪を分解し、筋肉を作ってくれるのです。

加圧トレーニングは、低負荷で短時間で効果が出て、また、体に負担をかけずに筋力アップが見込めますので、特に高齢者や女性向けと言えるでしょう。
また、血行が良くなるため冷え性に効果がある、お肌が綺麗になる、アンチエイジングに効果がある、免疫力が上がって健康になるなどという嬉しいメリットもたくさんあります。

しかし、個人で勝手に行うと大変危険ですので、必ず認定加圧トレーニングインストラクターの指導の下で行いましょう。
インターネットで調べると、お近くのジムを見つけることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ