加圧トレーニングの指導に不可欠とされる資格取得について

加圧トレーニングとは、文字通り圧力を加えることによる負荷増大効果を利用したトレーニングのことを指した言葉です。
こうしたトレーニングは、通常のトレーニングと比べて運動後の疲労物質による刺激を利用した効果があるとされています。

具体的な仕組みとしては、まず意図的に血流を妨げ、血液中の酸素があえて巡りにくい状態でのトレーニングを行うことで疲労物質をたまりやすくします。
その様な疲労物質の増加を脳が感知した時、体内では疲労物質を分解し状態を回復させようとする体本来の働きが行われ、成長ホルモンが分泌されやすくなるのです。

この時に、血流を元の状態に戻すことで成長ホルモンが全身に巡りやすくなり、結果として体内組織に対する様々なプラス効果が期待できるという仕組みになっています。
こうした加圧トレーニングでは、血流を抑制する圧力が強過ぎても弱過ぎても体に悪影響を与えるとされ、またトレーニング時間にも留意が必要です。

したがって、トレーニングの実施および指導には、適切な環境と資格取得が認められることが必須となっています。

資格は、加圧トレーニングに関する企業が主催する民間認定試験に合格することで取得が可能となり、資格取得を果たした指導員には認定証となる認定書と顔写真入りIDカードが配布されることになります。

トレーニング参加を希望する場合に指導者を選択する際は、この資格取得が証明できている指導者を探すことが選び方の一手になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ