加圧トレーニングで資格を必要とする意味

加圧トレーニングは加圧により血流をコントロールし、トレーニングの効果を高めるといったトレーニング方法です。
このトレーニングを人に行うには、ライセンスを受ける必要があります。

また、ライセンスを受けるためには、5種類の指導資格のうちのいずれかを取得しなくてはいけないことになっています。
筋力アップクンEXトレーナー、加圧マスターミニインストラクター、加圧マスターインストラクター、加圧トレーニングインストラクター、加圧トレーニング統括指導者の5種類です。

取得により、トレーニングの指導、トレーニング器具の販売が可能となり、それぞれ1年毎の資格更新が必要となります。
筋力アップクンEXトレーナーと加圧マスターミニインストラクター以外の資格では、対象者に対して制限があるので、注意が必要です。

他人に指導をするにあたり、このライセンスが必要な理由は、このトレーニングによる血流のコントロールが非常にデリケートなものであるからです。

トレーニングをする人やそれぞれの部位に合せて、どの程度の強さで加圧をするのかが重要となり、この管理を怠ると、トレーニング効果が上がらないだけではなく、非常に危険なトラブルになりかねないため、それを防ぐ意味でもライセンスは不可欠となっています。

加圧をする強さは、もともとの体形やトレーニングによる体形の変化によっても変わってきます。
常に適切な加圧でトレーニングを行うためには、正しい理解と専門家のアドバイスが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ