加圧トレーニングは、体の太もも、二の腕などに専用のベルトを巻きつけ、体内の血流を抑制する方法で行います

加圧トレーニングというトレーニング方法を聞いたことがあるという人は多いと思います。
このトレーニングは短時間で、とてもハードな筋トレをしたのと同じくらいの効果が出るものです。
トレーニングの方法は、圧力をかけると言うところがポイントです。

体の太もも、二の腕などに専用のベルトを巻きつけていき、締め付けます。
これによって、体内の血流を抑制します。
そうすると、血液内は低酸素状態になります。

この状態で軽い筋肉運動をすると非常に筋肉に負荷がかかり、軽い運動でもハードな筋トレと同じくらいの筋肉を使い、疲れさせるのです。

筋肉に疲労が貯まると、乳酸菌が発生します。
この大量の乳酸菌が発生した状態を回復するために、分泌されるのが成長ホルモンです。
成長ホルモンは若返りのホルモンともいわれており、骨や筋肉を作ったり、細胞の生まれ変わりを促したりするので、髪の毛や肌にハリが出てくるのです。

さらに、筋力がつくので、痩せやすい体にもなります。
一度のトレーニングの時間は30分程度が平均でとても短いのですが、その分、やはり加圧という方法によって負荷をかけているので、軽い運動でも非常にハードに感じます。

ただ、数回のトレーニングでも自分の体が変化しているのを実感できるほど、効果も高いので、最近、肌や体に衰えを感じている人、疲れやすいと思っている人、痩せたいと思っている人、アンチエイジングに興味のある人はぜひ加圧トレーニングがおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ