自宅でできる加圧トレーニングには、専用のベルトやウェアが必要です

加圧トレーニングとは、腕や足の付け根にベルトをつけて加圧を加えることで、血流の量をコントロールしてトレーニングを行う方法です。
加えられる加圧の強さは調整ができるので、初心者でも安心して始めることができます。
期待できる効果としては、美容効果や筋力アップ、血行促進などがあります。

そして血行を促進することは、新陳代謝を活発にするので、ダイエットにも利用できます。
加圧トレーニングには、自宅でできる加圧トレーニングもあります。
自宅で行うには、専用のベルトや専用ウェアが必要です。

方法としては、まず専用のベルトを腕や太腿に装着し、加圧した状態で10分程度、関節などに負荷が少ない軽い運動を行っていきます。
運動が終わった後は、ベルトを緩めて血流を制限していた圧力を取り除いて、血流を元通りの流れやすい状態にします。

この加圧トレーニングの体内の働きを説明していくと、まず加圧した状態で運動をすると、軽い運動でも普段使われていない筋繊維といったところまで広範囲で使われ、筋肉に乳酸が蓄積されます。

そしてこの状態になると情報が脳のホルモン中枢を刺激して、脳の視床下部で成長ホルモンが分泌されます。
そこから成長ホルモンは血流によって全身に行き渡り、血流を制限した腕や足、全身の脂肪を分解し筋肉を作る働きをします。

また加圧トレーニングを自宅で行う場合には、専門家の指導やセミナーで講座を受けたりして、正しい知識を身につけて行うことが重要です。
最近では自宅に加圧トレーニングの講師が来てくれて、指導を行ってくれるサービスもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ