圧力を利用した新しい運動方法・加圧トレーニングのしくみ

最近よくダイエット法、運動方法で耳にする、加圧トレーニングという言葉をご存知でしょうか。
実はこのトレーニング方法は、速い人では週1回、30分程度のトレーニングで効果が現れる方も多いとして、大変注目を集めている方法のひとつなのです。

ダイエットのみならず筋肉量のアップ、肌の活性化などにも効果があるとされ、運動不足の人でも気軽に始められるとして人気を集めています。

このトレーニングでは、腕と足の付け根に専用ベルトを装着して体の部位に圧力をかけ、血流量を制限してトレーニングを行います。

こうすることによって体内で内分泌系の活性が高まり、疲労物質(乳酸とも呼ばれている物質です)が血液中に溜まり、それを回復させようとする体の反応により、成長ホルモンの分泌が盛んになるのです。

10分から15分程度のトレーニングを行った後、ベルトを外した際に大量の成長ホルモンが分泌されますが、この時に成長ホルモンが体脂肪を分解し、筋肉合成が始まります。
このときの体の状態が、まさに激しい運動トレーニングを行っているのと同じ状態なのです。

通常の状態でトレーニングを行った場合、主に遅筋繊維が使われると言われていますが、この加圧トレーニングでの場合は軽い負荷の場合でも速筋繊維を使って運動することになるため、体の関節に故障を持っているスポーツ選手や、または高齢で重いものが持てないといったスポーツ愛好家の方にもお勧めできるトレーニング方法と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加圧トレーニング

このページの先頭へ