反り腰を改善する方法に骨盤クランチがあり、腹筋と腰痛、骨盤と腰痛の関係を理解してから行いましょう

骨盤は体の土台となる骨格の部分ですが、この部分に歪みやゆるみが生じると体のあちこちに様々な影響を及ぼします。
肩こりや腰痛、生理痛の他、O脚やX脚など見た目にも姿勢の悪さから影響するものもあれば、内臓が傾いてしまい痛みや違和感が発症する場合もあります。

壁に真っ直ぐ立った時に壁と腰の間に隙間ができている人は反り腰の可能性があり、これは生活習慣からも影響しますが、胸を張って姿勢を正しているつもりでも、腰が反っていては意味がなく、このことが原因で腰痛などが発症する場合もあります。整体院や接骨院などでも治療ができますが、最近注目されているのが骨盤クランチです。

書籍やDVDも販売されていて、インターネットでは動画なども配信されています。
著者の永井正之氏は、トップアスリートにも指導をしている有名な整骨院の院長で、シンプルな動きでアスリートも実践しているもので、無理なく行えるエクササイズです。

骨盤を矯正することで腰痛が改善され、ダイエット効果や美容効果も得られると著書には書いてあり、腹筋と腰痛、骨盤と腰痛の関係を理解して行います。
両方のケアを兼ねていますので、下半身太りに悩んでいる方にもお勧めです。

反り腰の改善に効果があり、骨盤の位置が正しくなることで腰の負担が軽減されて腰痛も改善されます。
骨盤は体の土台なので正しい位置にあることが重要です。
興味のある方は書籍やDVD、動画などをチェックしてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ